呼びかけ

ジュエリーメーカー・ブランド様へ

REFINE METALを用いていることを積極的に発信し、ロゴマークを製品やパッケージに使用することで、社会や環境に配慮した製造工程による製品であることを会社・ブランドの付加価値としてアピールしませんか?

貴金属買取・回収・精錬を手掛ける企業様へ

既に流通している地金のほとんどがREFINE METALである事実を伏せず、むしろ付加価値や強みとして発信しませんか?
輸入金属や鉱山からの精製と都市鉱山からの精錬を完全に分けて区別したり、100%都市鉱山からの精錬金属だけしか扱わないと決めることは簡単ではないかもしれません。
しかし、その金融的価値も相まって、一般的には『流通過程や背景が不透明で何が行われているかよく分からない』イメージのある貴金属流通業界において、クリアでクリーンな企業活動を提唱することは、長期的にみてメリットの大きい試みであると考えます。

貴金属を輸入される商社・輸入業者様へ

日本国内だけでなく、都市鉱山は先進国を中心とした世界中の国々に眠っていると考えられます。
ワールドワイドなネットワークを有し、グローバルな貴金属流通のブリッジである商社や輸入業者が、工業や産業の用途以外のジュエリー分野にも金属リサイクルという概念を浸透させることで、世界のトップメゾンやラグジュアリーブランドにもその動きが拡散されていくことになります。鉱山から採掘された金属に比べ、手間やリスクは小さくないかもしれません。しかし採掘にかかる従事者、設備、時間なども含めて、トータルに見た場合のバリューは大きいと考えています。都市鉱山の代表選手である日本から提唱された“REFINE METAL”の伝道師として、このワードとロゴマークを世界に発信しませんか?

ジュエリーを購入される一般のお客様へ

エコ、エシカル、社会貢献があらゆる業界で叫ばれる昨今、貴金属は一見、そういった動きの対極に位置する、典型的な嗜好品のジャンルとされています。しかし、そのイメージを根底から覆すだけの「資源」が、この国には豊富に眠っており、実際に流通しています。

にもかかわらず、それが表立って表現されていない現状があります。「リサイクルされた貴金属」とわざわざ謳ったところで作る側・売る側にとってはマイナスこそあれ、ジュエリー素材のイメージとしてプラスにはならないとされているからです。

リサイクルされた貴金属も、精錬されれば見た目には鉱山から採取されたものとの違いは分かりません。だからこそ、私達はREFINE METALからできたものとそうでないものを明確に分け、その価値をお客様にお伝えし、積極的に謳っていくべきだと考えます。消費者がそれを付加価値と認め、優先的に選び、求めていくようになれば、精錬業者・取り扱い業者・メーカー・ブランドもこぞってREFINE METALを用いていることを宣伝するようになります。そうして起きたムーブメントが、貴金属業界全体への社会的評価をもたらし、より良い方向への業界の発展に繋がっていくと私たちは信じています。ぜひ、このような貴金属・そこから制作されたジュエリー製品があることを知って頂き、REFINEというキーワードとそのロゴマークが広く浸透するよう、興味を持って頂ければ嬉しく思います。

Back