REFINEとは

プロジェクト

国内の都市鉱山から集められ、精錬を経てピュアになった貴金属素材を“REFINE METAL”と名付けました。私達はREFINE METALの認知を高めその価値を広めること、またこれを使って自社のアトリエだけてジュエリーを制作することを、REFINE METAL PROJECTとして発信していきます。

都市鉱山とは

都市でゴミとして大量に廃棄される家電製品などの中に存在する有用な資源(レアメタルなど)を再生し、有効活用していくことを提唱した概念。意外にも日本は金6,800トン(全世界の埋蔵量の16%)、銀60,000トン(全世界の埋蔵量の22%)という世界でもトップクラスの埋蔵量を有すると言われています。

金属の精錬工程

金の精錬を例に取ると、粉々になった廃棄物が「王水」と呼ばれる溶液で溶かされ、還元を経て乾燥されます。この段階では茶色の粉のよう。これを繰り返し、純度を高めた後、高温で溶かし、水で急激に冷やすことで「笹吹き」と呼ばれる米粒状の金の粒が現れます。見慣れた金の姿がここで見ることができます。その後既定の重さが型にはめられ、99.99%のインゴッドができあがります。