コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

【hum making】神田-vol.6
craftsman

【hum making】神田-vol.6

こんにちは、小西です。

 

神田の練習記録vol.6をお届けします。八角形リングに、2度目の挑戦です!

練習記録vol.5はこちら

 

Instagram:@hum_making


 

---------------------------------------------------------

 

Day 42

 

●シルバーの八角形リング

前回のメモを見て手順を思い出しながら、彫り進める。

前回の八角形練習の記録はこちら

 

① けがき(印つけ)→合格◎

② 彫り→ミルの横の線が汚いけど、ミル打ったら消えてしまうので及第点

 

前回は割と強くけがいたけど、最後の仕上げをする時、けがき線を消すのにすごく苦労した。なので今回はあんまり痕を残したくないところと、残さないと後で大変になるところを思い出しながら印をつけた。

ミルの横の線はストロークが長くて、綺麗に彫るのはまだ難しい(ストロークの長い線が苦手です)。

頭では左手の力を抜けば上手くいくとわかっているのに、癖なのか気付くといつもガチガチに力が入ってしまっている…。

 


 

 

Day 43

 

●八角形続き S字の彫りから

タガネを立ててオタフクの重みで彫り進めると、彫り跡が綺麗になる。

前回は葉っぱの形がシュッとしすぎたので、今回はふっくら丸みのある葉っぱを目指したところ、ぷりんと可愛らしくなってしまった。

 

●貞清さんのチェック

S字→もっと滑らかに。彫り直し。

彫り直した後はOKもらえました。

 

片切り、角の1枚葉のところを2カ所ほど盛大にミスした。他はいい感じ。

それにちょっと怪しい雰囲気になっても、なんとか自分で直せた気がします。

 

 

Day 44

 

●八角形続き

内側のミル打ちまで終えたあと、昨日ミスしたところを貞清さんに修正してもらう。

ミルが柄に干渉してしまった→打つ時にグリグリ押しつけすぎ、ミルが大きすぎる。

ミルと柄の間を彫り直す。外側のミルを打って裏面へ。

 

before&after(貞清さん修正前と修正後)

 

 

Day 45

 

●表面の外側ミル打ち→裏面

ルーペ使ってミルを打つ練習中。今まで奥から手前に向かって打っていたけど、重なりやすいので、左から右へ打つように。

いつも字を書くときに左→右に流れるからその感覚でやってみたけど、右にミルを持っているんだから右→左のほうが絶対やりやすいなと、打ち終わった後に気付いた。次回から右→左で。

 

●貞清さんチェック

彫り、ミル横の彫りと直線→OK

線が細くなりやすい角の部分をしっかり深く彫れると、パキッとした印象に見える。

 

片切りで葉っぱの周りを彫る時、補助線を先に入れることで、一枚葉がえぐれなくなった!

前回は、彫りを入れたらミルを打つスペースが消失してしまっていた。今回は表も裏もまだちゃんと生きています。

 

 

Day 46

 

●葉っぱの先端を尖らせる修正

ミルの線から彫り直しを入れる感じ。

最初はやり方がよくわからなかったけど慣れたら楽しい。無機質だった葉っぱに、生命力が出たように感じる。

 

●葉っぱの真ん中の線を入れて→内側のミル打ち

表はミルが大きすぎたので小さくする。ルーペで入れる練習。右→左へ。

入れたら、今度は小さすぎた、、、?


 

Day 47

 

●ミルを4号で入れたのが小さすぎたように思い、貞清さんに見てもらう

「4号はちっちゃいな…」とのことで、6号で打ち直すことに。

打ち直すが益々ひどくなる一方。見本で直してもらったところと天地の差、助けを求めて貞清さんの元へ…

 

●貞清さんからミル打ち直しのアドバイス

リングの内側から線に向かって押す。バリが出るのでぐりぐりしない。

ミルの打ち方も、奥から手前に倒す方法(ミルは横並びになる方向)だと見えないから、右から左に倒す方法(ミルは縦並びになる方向)が良い。ただしミルの先端が爪の間とか指に突き刺さらないように注意(まじで痛いらしい)。

 

アドバイス通りにやったら、上手くいった。すごい!魔法だと思った。

 



 

Day 48

 

●八角形 彫り・ミル打ち終わり→仕上げ

 

貞清さんから、ミルもっと丁寧になると良いねとのことで、次回はミルの練習へ。

直線は「まあまあ」良くなってきたらしい…?

 

仕上げの段階で、結構消えてしまう線がある。もっと深く彫る。

 

●森山さんから八角形の講評

・線の強弱が弱い

・比率が変わっても空間に収まる絵は一定にできるよう(これが絵が書けるということ)、練習する

 

2回目の八角形は、前回の良くなかった部分を良くしていこうと思ってやりました。

葉っぱの形がふっくらするように、ミルを打つスペースを無くさないように、角の一枚葉をきれいに残せるように。この辺りは工夫して改善できたと思います!

今回貞清さんから言われた新たな課題は、ミル打ちの完成度です。次から練習していきます。

 

左が前回(約2か月前)、右が今回

 

---------------------------------------------------------

 

神田の言う通り、今回は葉っぱの形がふっくらして、一枚一枚が粒立って見えるようになりました。同じ柄でも、彫り手が「どう彫りたいか」の違いがこんなにはっきり表れるとは、驚きです。月桂樹の模様に躍動感があって、私は今回の方が断然好きです!

 

前回は一枚葉の形を「削りすぎてしまう」事があったようですが、それも今回目立たなくなっています。補助線を先に彫るという工夫が功を奏したようです。

苦手意識のあるストロークの長い線も、少しずつ克服していけると良いですね。

 

ミル打ちはシンプルな装飾だからこそ、技術の差がわかりやすいですよね。

美しく粒の揃ったミルが打たれると、全体の雰囲気が格段に良くなると感じます。

次回はミル打ちの練習。頑張ってください!

 

 

Instagram:@hum_making

Blog posts

【hum making】神田-vol.5
craftsman

【hum making】神田-vol.5

こんにちは、小西です。   本日は神田の練習記録vol.5です。 前回の練習記録はこちら   Instagram:@hum_making   ----------------------------------------   Day 32   ●彫り練習 新しい柄へ 巻き込む形の唐草模様を彫ってみる。   <貞清さんからのアドバイス> →上下左右対象の柄と違って、唐草は絵としての全体の流...

もっと見る
1day program “3 Pattern Bangles”
workshop

1day program “3 Pattern Bangles”

こんにちは。hum JINGUMAE workshopの小野です。7月15日(月)より新しい1day workshop プログラムがスタートいたします。 3 Pattern Ringsのデザインはそのままに、アイテムをBangleに変えて展開いたします。Twist / Hammer Finish / Stamp、3種類の中からご来店時にお好みのデザインをお選びいただき、職人とマンツーマンで...

もっと見る
Signet Ring Bespoke order fair
bespoke&remodel

Signet Ring Bespoke order fair

誠に勝手ながら、申し込み多数に伴い、2024年7月7日をもちまして受付を終了させていただきました。皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。沢山のご応募誠にありがとうございました。   イニシャルや紋章を刻み、文書や財産が自身ものであることを証明するために使われていたシグネットリング。その歴史は古く、起源は古代エジプトにまで遡ると言われます。シグネットリ...

もっと見る