コンテンツへスキップ
固定観念にとらわれない
communication

固定観念にとらわれない

こんにちは、小西です。

 

少し前、自分へのご褒美として「ちゃんとしたピアス」を初めて買おうと思っている、というお客様を担当したことがあります。

ちゃんとしたピアス=有名なブランドの一粒ダイヤのピアスだと思っていたけど、なかなか良いものに出会えない。そう話してくださいました。

 

humでは初めにメレダイヤが留まったフープピアスをご試着いただいたのですが、本当にお似合いで、「ブランドや一粒ダイヤにこだわる必要は無かったんだ」と仰っていたのが印象に残っています。

 

 

このように、固定観念が邪魔してしまって自分の理想に辿り着けない、という事はよくあるように思います。

 

 

これは私事ですが、仕事始めの日に、今年はリングを新しくオーダーしたいなと思いました。

今はほぼ毎日、個性の強いリングばかりを4本、それぞれ違う指に着けています。

リングを増やしたい気持ちはあるもののどの指に着けようかと悩む内に、「ずっと空けていた左薬指に着けるのがいいのでは?」と思い立ちました。

 

左薬指は一般的に、エンゲージメントリングやマリッジリングを着ける指。

私は独身なので、ずっと左薬指にリングを着けることを避けてきました。

 

でも、自分が着けたいなら着ければいいんです。

 

そう思ってリングを物色していると、「これだ」と思うものが見つかりました。

REFINE METAL Collectionのチェーンリングです。

以前から気になってはいたものの、着ける指が無いという理由で候補から外しかけていました。

左薬指に着ければいいと気付いて、自分で言うのも何ですが目から鱗です。

手持ちのリングともうまくコーディネートできるし、これをオーダーすることが今年の目標になりました。

 

更に着け方を研究している内に、私の理想的なコーディネートが見つかりました。

kumoの10連リングと、humete Combination collectionのエタニティリングを重ねたコーディネート。

ゴールド系の地金で統一してボリュームのある2本を合わせたところと、ブラックの色味を差したところがポイントです。

それぞれ全く違う個性のある3本ですが、少し工夫することで綺麗にまとまりました。

 

固定観念を一度取っ払ってしまえば、ジュエリーの楽しみ方は無限に広がりますね。

 

 

私自身、固定観念や一般的な価値観に囚われすぎていた時期がありました。

色々な人との出会いやhumに入ったことなどを機に、少しずつ考え方が変化してきて、今は以前に比べるとかなり自由に、楽に、生きられていると思います。

 

今度は私が、他の誰かに対して良い影響を与えられるようになりたい。

少し大袈裟ですが、左薬指に着けるリングは、その決意表明になりそうです。

とは言え、勘違いされる度にいちいち説明するのも面倒なので、なるべくブライダルリングに見えないコーディネートを考えておきます。

 

 

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 


Recommend Items

Blog posts

REFINE METAL Collection -Chain Rings-
communication

REFINE METAL Collection -Chain Rings-

こんにちは、小西です。   以前、ペアジュエリーのご提案としてチェーンリングをおすすめいたしました。 >パートナーと着けるチェーンリング こちらの記事でも書いた、代表・貞清の「昔買った結婚指輪がなんとなく気恥ずかしいと感じるようになる事がある。チェーンリングを重ねるとちょっと馴染むから、提案すると喜ばれることが多い」 という話。 気恥ずかしいという訳ではなくても、長年愛用していく中で少しアレ...

もっと見る
神田彫金技塾“彫り留め講座”
information

神田彫金技塾“彫り留め講座”

こんにちは。職人の神田です。 5月の“Flush Setting講座”に続き、6月も単発イベントとして“彫り留め講座”を開催いたします。 本講座では、彫り留めのなかでも一番覚えやすい「後光留め」をベースにレッスンを進めます。手順は穴をあけて模様を彫って、爪を起こして石を留めるだけ。爪を起こす際にダイヤモンドにタガネがぶつかるとタガネの先端が折れるというリスクがありますので、レッスンではキュ...

もっと見る
ブレスレットフックの秘密
communication

ブレスレットフックの秘密

"こんにちは、セールス兼オンラインストア担当の荒瀬です。 humでは直営店での受注生産を主としながら、取引先様でもイベントを開催することがあります。毎年恒例のところもあれば数年に一度のところもあるため、可能な限りショップにお伺いして、ブランドや商品について直接スタッフの皆様にお話する”説明会”の時間をいただいています。 説明会では商品のコンセプトのほか、取り扱い時の注意事項やサイズの選び方な...

もっと見る