コンテンツへスキップ

カート

カートが空です

NIGHT WORKSHOP JINGUMAE -report vol.1-
making

NIGHT WORKSHOP JINGUMAE -report vol.1-

こんにちは、小西です。

 

hum JINGUMAE atelier & shopにて開催される夜のワークショップ、「NIGHT WORKSHOP JINGUMAE」。営業終了後のアトリエを開放し、humの職人がマンツーマンでレクチャーしながらお客様ご自身でジュエリーをお作りいただく、1日1組様限定のワークショップです。

職人のセカンドキャリアに向けた準備として始めた試みですが、日中とは違ってしんと静まり返ったアトリエの雰囲気も相まって、特別感に溢れた体験ができると好評です。

 

今回は、お客様が実際にNIGHT WORKSHOP JINGUMAEにご参加された際の様子をレポートしたいと思います!

本格的なジュエリー制作に興味があるという方は、ぜひ今回のレポートでNIGHT WORKSHOP JINGUMAEの雰囲気を感じていただき、実際にご参加いただければ嬉しいです。

 

-----------------------------------------------------------------------

 

今夜のお客様はS様ご夫妻。講師は土屋です。

(土屋は講師を務めながら撮影もしてくれたので、写真に写っておりません。。。)

 

S様ご夫妻は、お誕生日の記念に旦那様から奥様へプレゼントする目的でご参加くださいました。「しばらくジュエリーを買ってあげられていなかった」と旦那様。久しぶりに贈るジュエリーがご自身によるハンドメイドとは、なんとも粋な計らいですね。

このたびお選びになったデザインは、K18ホワイトゴールドのShinogi Ring(S)。奥様の小指に合わせて1号で制作します。

指のサイズはご来店時にお計りできますので、サイズがわからない方はお気軽にご相談ください。

 

 

Shinogi Ringは、2時間のレッスンを2日間受講していただき完成させます。

大まかな手順は下記の通り。

 

<1日目>

① なました地金を芯金に巻き付けリング状にする

② 糸鋸で余分な地金をカット

③ ロウ付け

④ 真円に整え、希望のサイズを出す

⑤ リングの内側(指馴染み)を成形

<2日目>

⑥ シノギの形(両端を斜めに削り込む形状)に削り落とすための罫書き

⑦ 罫書き線に沿ってヤスリで削り、シノギ状に形作る

⑧ リューターを使って表面を磨く

⑨ マット仕上げ・完成

 

非常にシンプルな形のリングですが、ハンドメイドで一から十まできっちり作るには想像以上に多くの工程をこなす必要があります。普段身に着けているジュエリーがどうやって作られ、どれほどの手間が掛かっているかを知る機会にもなりますね。

 

さっそくS様にご体験いただきます。

細長い地金を芯金に押し当てるようにして巻き付け、リングを形作っていきます。手の力だけで形が変わるほど金属が柔らかいという事実に驚く方が多いそう。

 

特に糸鋸やガスバーナーは取り扱いに注意が必要です。職人が正しい使い方をお伝えしますので、初めての方でも安心して作業に臨んでいただけます。

 

シノギ形の基準を作る罫書き。いわゆる下書きの作業ですが、この地道な作業がデザインに大きく関わってきます。

 

ヤスリでしっかり削って、リングの角を斜めに落としていきます。

時折、奥様に仕上がりをチェックしてもらう場面も。実際に作業するのは旦那様でしたが、傍で見守る奥様も臨場感ある雰囲気を楽しんでいただけている様子でした。

 

丁寧に仕上げを施して、、、

 

完成です!

 

薬指に着けている指輪は、以前お作りくださったHammer Ring(L)です。

実はこの度2本のリングを制作されたS様ご夫妻。NIGHT WORKSHOP JINGUMAEに4回連続で通っていただきました。お疲れ様でした!

 

 

 

最後にアンケートにお答えいただき、嬉しいご感想を頂戴いたしました。

 

-NIGHT WORKSHOP JINGUMAEにご参加された動機は?

「そこまで高価ではない値段で、自分の手で作れる事に魅力を感じました。コロナで指を眺める機会が増え、誕生日を機に思い切りました。」

 

-実際にジュエリー制作を体験してみていかがでしたか?

「職人の技術に感動。

ジュエリーの価格の根拠を理解することができました。実際に技術の凄さを目の当たりにしてみると、決して高価ではないと思えます。」

 

-特に良かった点は?

「講師が土屋さんで良かった。技術力、安心感、説明がわかりやすく丁寧。」

 

 

ご夫婦揃ってアトリエに通ってくださった4日間は、コロナ禍の日常の中でささやかな非日常を感じていただけたのではないでしょうか。

指輪はもちろん一生身につけられるものですが、humの職人と一緒にものづくりに向き合った時間も色褪せることのない思い出として記憶に残していただければ、何より光栄です。

 

S様ご夫妻、改めましてこの度はありがとうございました。またのご参加をお待ちしております。

 

Blog posts

NIGHT WORKSHOP JINGUMAE
concept

NIGHT WORKSHOP JINGUMAE

こんにちは、小西です。 この度hum JINGUMAE atelier&shopにて、これまでとは違った形でワークショップを始めます。題して、「NIGHT WORKSHOP JINGUMAE」。営業終了後のアトリエで開催される、夜間のワークショップです。 皆さまは「職人」という仕事をどのようにイメージされるでしょうか。自社のアトリエを持ち、1点1点ハンドメイドでジュエリーを制...

もっと見る
1day program “3 Pattern Bangles”
workshop

1day program “3 Pattern Bangles”

こんにちは。hum JINGUMAE workshopの小野です。7月15日(月)より新しい1day workshop プログラムがスタートいたします。 3 Pattern Ringsのデザインはそのままに、アイテムをBangleに変えて展開いたします。Twist / Hammer Finish / Stamp、3種類の中からご来店時にお好みのデザインをお選びいただき、職人とマンツーマンで...

もっと見る
Signet Ring Bespoke order fair
bespoke&remodel

Signet Ring Bespoke order fair

誠に勝手ながら、申し込み多数に伴い、2024年7月7日をもちまして受付を終了させていただきました。皆様には大変ご不便をおかけしますが、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。沢山のご応募誠にありがとうございました。   イニシャルや紋章を刻み、文書や財産が自身ものであることを証明するために使われていたシグネットリング。その歴史は古く、起源は古代エジプトにまで遡ると言われます。シグネットリ...

もっと見る