第3回“神田彫金技塾”レポート

こんにちは。神田です。

 

3月26日()・27日() hum JINGUMAE atelier & shopにて開催された“神田彫金技塾”。今回で第3回目を迎えました。

今日はその模様をレポートします!

 

今回の課題は、202112月にWORKSHOP NANOKAWAでも実施したシルバーリングに月桂樹模様を彫るというもの。

5時間みっちり取り組んでも初心者の方が全て終わらせるのは難しいので、続きはNIGHT WORKSHOP JINGUMAEに通っていただき完成させるというプログラムにしました。

NANOKAWAの時はだいぶ難しかった記憶があって、リング幅を前回の6ミリ→4 ミリへ狭めました。結果、難易度がグッと下がって取り組んでいただきやすくなりました!
練習用の銅リングでは苦戦する様子が見受けられましたが、なぜか参加された皆さま、本番のシルバーリングで大いに実力を発揮!

私は教えるのがまだ上手くないので、小野さんのスペシャルサポートが助かりました。小野さんのミラクルアドバイスでコツを掴んだ方も多いのでは?

 

今回参加してくださった中には、彫金を本格的に学びたいから難しそうだけどやってみたい!という方がいらっしゃいました。元々彫金の経験があったそうで、追加レッスンはスムーズに進行。リングは既に完成したのですが、違うデザインでもう1本作りたいとリクエストを頂き、引き続き閉店後のhum JINGUMAE atelier&shopに通って制作されています。

そのほか未経験の方々も、追加レッスンを実施中です。

 

先日の追加レッスン中、たまたま居合わせたコーディネーターの小西さんが受講者の方とお話しする機会があり、「神田彫金技塾の楽しさ」を色々と伺うことができました。 

・humの職人の技術に興味があって参加しました。アトリエの環境や道具ひとつひとつが本格的で感動!実際にhumのジュエリーを制作するときに使われていると思うと、自分がそれを使ってレッスンを受けられる機会そのものが貴重だしありがたい。

・YouTubeやJournalを見ていて、神田さんの上達の速さに驚いていました。「もしかして私もこんな風に上手くなれるのかな?」と思って、やってみたくなりました。

現役の職人だからこそ知っているであろう「効率的に綺麗に仕上げるテクニック」のおかげで、初心者の私でも挫折せずに続けられています。ほんのちょっとした工夫で仕上がりが見違えるのが面白い!職人さんのセンスを目の当たりにしています。

・最初は神田さんから言われた通りにとにかくやってみるだけだったんですが、続けていくうちにアドバイスの意味がわかる瞬間があるんです。「こうやると、こう仕上がるんだ」っていう感じ。一度そのコツがわかるとその後はスムーズに作業が進むから、上達している実感があって楽しいです。

・自分で体験してみることで、職人という仕事がいかに凄いのかがわかりました。愛用しているhumのジュエリーに対する思い入れも増しています

 

アドバイスの意味がわかる瞬間や、上達していく楽しさは、私も貞清さんに彫りを教わりながら経験したので、すごくよくわかります。

完成したジュエリーを買って身につける楽しさもあれば、彫金の技術を自分で習得していく楽しさもあります。自社のアトリエで自社の職人がジュエリーを制作するhumだからこそ、彫金教室という形でジュエリーの楽しみ方を提供できます!

 

第3回神田彫金技塾の追加レッスンをまだ申し込んでいない方は、ぜひご参加いただき、上達していく喜びを感じてもらえたら嬉しいです。ご予約はNIGHT WORKSHOP JINGUMAE公式LINEアカウントで随時受け付けております。

 

受講者さまからのお声をヒントに、次回は8月ごろに第4回神田彫金技塾を開催したいなと企んでいます。

ぜひ多くの方にご参加いただけたら嬉しいです。

 

-------------------------------------

Instagram:@hum_night_workshop

YouTube:hum jewelry making


Recommend Items